2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部式バブルキングの掃除

昨日、コーラルフィッシュ誌の取材を受けました

2月10日発売の号にのるらしいので是非ご一読を!

ちなみに今回は顔出しで;あ~恥ずかしいorz

そんなことは置いといて

Tetsuoさんのブログにスキマーの記事が載っていましたが

スキマーはマメに掃除しないと性能を確保出来ないそうです

確かにウンコカス一杯のスキマー時よりキチンと週1くらいで掃除してるときの方が

水の透明度も違うのは実感としてあります

じゃあなんとか楽にスキマー掃除する方法はないものか、、、、、

ということで手間を省いて掃除をしてみる事に

IMG_0384_convert_20110123230601.jpg

相変わらず良い仕事をしてくれてますバブルキング

いつもならカップを回して取り外して掃除するのですが

今日はそのまま
IMG_0385_convert_20110123230649.jpg

レッドドラゴンの電源を抜き

IMG_0386_convert_20110123230752.jpg

キャップを外し

IMG_0388_convert_20110123230908.jpg

汚れが一番付着する泡が上がる部分を取り外します

これが出来るのは私が知る中でバブルキングだけです

IMG_0390_convert_20110123231052.jpg

ちなみにこのように排水ドレンが付いててうちは20Lポリタンクに繋がってるので

汚水がたまっててこの部分が外せないという事はありません

IMG_0389_convert_20110123231002.jpg

コップでも洗うような感覚で洗浄、バレット3並みの対応水量でありながら流しで

作業できるのも良いですよね

IMG_0391_convert_20110123231144.jpg

内側と

IMG_0392_convert_20110123231305.jpg

カップの裏の部分をティッシュでふいて掃除完了

この間約3分

ちなみにバレット3だとベケヘッドに貝とか詰まるので毎回掃除するとして

30分以上はゆうにかかる作業です

所要時間10分の1

メタハラ増設!とか新アイテム導入!等と違って

水換え、スキマー掃除等のルーチンワークは忙しくなるとサボりがちになってしまいます

長く続けていく為にもなるべく簡略化していきたいものです

高いメンテナンス性で能力確保もしやすいバブルキングはやはり

良いスキマーだと思います





スポンサーサイト

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

Vertex LED レポ2

VertexのLEDで珊瑚を維持し始めて

徐々にですが色上がりを見せる珊瑚も出てきました

まだ水質が完璧ではないので、今後より落ちついてくればより躊躇に効果が

でるんじゃないかと期待しています。

期待するにはそれなりの理由があるのですよ、、、、、ふふふ


それは

現時点では若干栄養塩が残ってますので、より強化照明っぽくして色揚げしちゃえ

と全てのパラメータを100をしたら、、、、

IMG_0030_convert_20100921232615.jpg


sugoi akarui YO!

でもって照度を計ると
IMG_0038_convert_20100921233006.jpg

うわぁ~ かなりキテる数値です

ちなみに250Wのメタハラ 良く言われている30cm地点の直下

IMG_0036_convert_20100921233223.jpg

LEDは20cm地点にあるとは言え、放射熱が抑えられているからこのような設置ができる訳で

かなり明るいというのはお分かり頂けるかと

ちなみにこの明るさのモジュールが60cmタイプだと4枚付いています

つまり4枚の直下がそれぞれこの数値を叩き出すという事です

それで消費電力はたったの160W  う~~~ん凄いな;

本当はMAX-Sも併設しようかと思っていたのですが、しばらくこれだけで

様子を見てみます

ちなみに幅90cmの水槽には600タイプがおすすめです

ちょっと幅があるので設置する水槽幅より小さいサイズを選んだ方が

良いと思います。

あとは波長の問題もあるので、じっくり実験結果を待つ事にします。



テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

VERTEX 新型LED到着!

発注してからやっとVERTEXのLEDが到着しました

逕サ蜒・216_convert_20100911232811

ソフトウェアも一緒に!

逕サ蜒・220_convert_20100911235441

このUSBメモリー型のをパソコンに接続し無線で灯具を操作する事が出来ます

逕サ蜒・217_convert_20100911234430

操作ソフトでは日の出、日の入り、どれくらいの時間で照度を徐々に上げていくかとか

ブルー、ロイヤルブルー、白の色調のカスタマイズ等色々と出来るわけです


逕サ蜒・218_convert_20100911234748

雷など特殊天候の操作画面、この機能とTUNZEのストーム機能を上手く使えば

嵐を光と水流で演出する事も出来るんでしょうね

逕サ蜒・219_convert_20100911235118

そして最後に恒例の照度&UVチェック

水面から15cmの距離で照度はシープロ同等位

UVもMAX-Sほどは出ていました

あとはミドリイシの色揚げ効果ですが

これは時間をかけてやっていこうかと思います

多分このスペックなら問題なく色揚がりするはずです

ちなみについ最近リセットしたバイオペレット水槽にセットしました!

新しい機材が来るとアクアテンションも一気に上がりますね~

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

ウェーブシステム使い比べ!

逕サ蜒・197_convert_20100704212328

たまには横からのショットを

ZEOvitは透明度が高くなるのでこの眺めも結構お気に入りです


話は変わって、つい先日こんな物が発売されました!

逕サ蜒・196_convert_20100704211915

ナプコさんのニューウェーブシリーズ

今主流になりつつある水流専用ポンプ系の機材です

これを機に今まで使用した水流ポンプの個人的印象を書いてみようかと


まずボーテックシリーズ

逕サ蜒・195_convert_20100704211554

出始めにはその値段に驚かされたこのポンプですが、多くのアクアリストの水流ポンプに

対する価値と頭のネジを外すのに多大な貢献をしたポンプじゃないでしょうか(笑)

MP40は7万弱というポンプらしからぬお値段ですがそのギミックには最新の技術が

詰め込まれています

まず、水槽内に本体が入らないという事(本体とプロペラがマグネットで付いている為)

これは熱の面でもメリットはありますが、私は美観の面でとても気に入ってます

水槽にピッタリ蓋をしたりキャノピーの邪魔にもなりませんし

コードが水槽からニョキニョキ飛び出ているのは美しくないですよね

このポンプをライブロックで隠すと、自然の珊瑚礁を切り取ったかのようなレイアウト

も可能となるでしょう

次にコントローラーの秀逸さ、いくつものモードが設定されていて

そのデータが自然の海から採取されたという事もあってかなりランダムな水流が

作れます、これはデトリタスの除去やサンゴのポリプの開きにも効果が有るようで

まさに水流ポンプの革命児といっても過言では無いでしょう

ただ、その新しい構造からか耐久性は一般的なポンプより若干劣る印象

あといくらランダムだといっても基本一方向固定の水流しか作れないので

できれば複数使用したい所です

あとは駆動音がそれなりにすることでしょうか

本当ならMP20がシンクロして複数台付けれるのが理想のような気がします


次に
逕サ蜒・198_convert_20100704212720

TUNZE社のストリームポンプシリーズ

ドイツに行った友人がショップで「一番良い水流ポンプは何ですか?」と聞いたところ

TUNZEがナンバーワンだね!」と力強く答えてくれたそうです

このポンプのメリットは

3Dアジャスターといって多彩な方向に水流を向けれる事

それに構造的に堅牢に出来ている事

同社のウェーブボックスなどと組み合わせて使えたり

多機能なコントローラーも使えボーテックと同じように

100%~10%程まで水流の勢いをコントロールすることが出来ます

これらの昨日から実際多くのアクアリストから支持されているようで

素晴らしいリーフタンクで良く見かけることの多いポンプでもあります

お値段もボーテックよりお安いので複数付けやすいのも良いですね

ただ難点としては

コードが水槽からニョキニョキ出てしまうこと

あとマグネットで付いているので脱落の不安は無いのですが

壁にピッタリ付けている水槽には付けれない等のデメリットも有ります。


ここでお得情報として一つ

このマグネット、特に錆びたりしないので、コーナーボックスに取り付け可能です

ナノウェーブボックスでも同じ手法が使えるのでかなりスッキリ設置することが

できますよ


最後に

新発売のニューウェーブシリーズ

お値段はこの三つの中でダントツにお安いです

水流の太さも申し分ありませんし

ただ難点としては、まだ良いコントローラーが出ていないこと

出来れば水流に強弱は付けたいところです

あと駆動音が割りとします

真空吸盤の耐久性も気になる所ですね

今後に期待の商品かと

これに良いコントローラーが出たら、かなり利用価値が上がりそうです

ポンプのサイズも大小揃ってますから場所によって使い分けも出来ます


あとコラリアも気になりますが

さすがに資金面でキビシイのでまだまだ先になりそう(汗)


まとめとして、どんなポンプでも出来れば複数台使って

多方向の流れを作りたいですね

シースワールやXウェーブ等と組み合わせるのも良いと思います

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

ブルータスッ!お前もか!!

最近妙に120cmのZEOvit水槽が調子良くないと思っていたら

こんな光景を、、、、


逕サ蜒・194_convert_20100628215859

ンゴッ!

オーマイガッ!Σ(゚Å゚)




ポリプがんがん食ってますorz

そりゃ~ポリプの開きも悪くなりますよ

それにコヤツ

偏りはあるものの、水槽内のミドリイシに満遍なくチョッカイ出してます(汗)





ロアだぁ~~って♪プログナだぁ~~って♪ホラカンだぁ~~ってぇ~~~♪

みんなみんなぁ~サンゴ食うんだ♪大好きなぁ~ん~~だぁ~~♪(涙)


こ~なっちゃうと出すしかないですが、正直メンドクサイですねorz



これでレイアウトイジル→魚白点→白点治療で変な薬入れる→余計バランス崩れる

→しょうがなく白点の魚も出すの悪循環になるパターンは良く見かけます


サンゴだけ考えるならチョウチョとヤッコは入れないほうが

トラブルは少ないし、結果サンゴ飼育も容易になるのは分かってるんですけどね;


う~~む、それにしてもツツかれたサンゴの色落ちがすさまじいですね

ZEOvitで捕食にシフトしてるのに、ポリプ出せないんですから相当キツイでしょう;

茶色くなったのは、捕食にシフトできない為に褐虫藻を増やすというサンゴの苦肉の

策かもしれません

う~~~む凄い適応力ですね~



あと90cmのZEOvitでもちょこっと白化するサンゴがあったので夜中観察してみると

いましたいました; キモガニがっ!

コイツもバリバリ共肉むしっとります!

こっち系の害虫はサンゴ導入時に

逕サ蜒・193_convert_20100628220151

これを使用すれば混入を防ぐ事が出来ます

LSS研究所さんの新商品「Coral RX Pro」

サンゴを食べる厄介なヒラムシ等も流行ってきているそうなので

こういった自衛策は積極的に取り入れた方が良いんでしょうね

前にリバイブを使用していましたが、珊瑚は問題なく生存していました

こちらの商品もまた使ってみて、使用感等レポできたらなぁと思います。


トラブルの発生源はキーパーに有り!と痛感する今日この頃ですorz

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。