2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEOvit 10ヶ月経過&スイハイ

夏バテかブログ更新熱が下がり気味なsebaeです

ネタあるんですが、写真の縮小が遅くて寝そうになります(汗)、、、

何か良い案お持ちの方は是非ご教授頂ければと思います。


さて、ZEOvit水槽なんとか10ヶ月を迎える事ができました

逕サ蜒・209_convert_20100814221630


2010年2月8日に入れたこのハイマツが
逕サ蜒・093_convert_20100208234134
逕サ蜒・207_convert_20100814220900
6ヶ月でこんなに大きく成長しました

逕サ蜒・208_convert_20100814221224
このブリードのトゲサンゴももはやワイルドと遜色ないくらい良いサイズになってくれました

あと驚くべきが
逕サ蜒・210_convert_20100814221923
このトゲサンゴ、入荷時に先端が少し白化していたのですが

逕サ蜒・211_convert_20100814222323
白化部から生えていたコケが衰退し薄い共肉が多いポリプも出てきました

ZEOvit systemはかなり体系立てて組まれているシステムのようで

サンゴの色揚げ、成長促進に非常に効果的だと感じています

これでKZの塩が入手できるようになれば

2週間に1回5パーセントの水換えで維持できるそうです

この水槽ならなんと14ℓ!

1ヶ月で28ℓしか消費しない計算

こうなると添加剤の購入費等を考えても

強化照明が必要無いので省エネによる電気代の節約

回転数が少なくても良いのでメインポンプを小さくできる電気代の節約

上記2つによる発熱量削減によるクーラー電気代の節約

水換え量削減による人工海水代の節約

と、ランニングコストが大分違ってくるはずです

マグネシウムが大量に消費されていますが

KZの添加剤による供給とKZのマグネシウムメディアをカルシウムリアクターの中に

入れる二段構えでやれば、そんなにコストをかけずに改善できそうです

この辺も試してみたいですね


こういったメリットからか周囲のアクアリスト仲間でもZEOvitをやり始める方が

増えてきました

その中でも最近スイハイさせて頂いた方の水槽は

衝撃的でした

立ち上げ当初から色々お手伝いさせて頂いてたのですが

照明はイタリア製のT5(反射効率の素晴らしい製品です)とメタハラの併用

ZEOvitリアクターはサンプサイズに合わせた特注品を使用

水流もウェーブボックスとボーテック複数台使用した充実の装備です

この水槽にキーパーさんの鍛え抜かれた選別眼によって選び抜かれた

ZEOvit向けサンゴが入っているので

そりゃ~すごい事になっていました

全体的に幽玄な印象で海外の写真で見るZEOvit水槽のような水景が出来ていましたね

ただ私の撮影技術が無く、見たように取れなかったので今回は写真なしで;

筆舌しがたいあの色合いを何とか写真に収めたいので

また勉強しないとなぁ~orz



スポンサーサイト

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。