2010-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPS記録帳 その1 ツツハナ系

風邪だかアレルギーだかでダウン中のsebaeです

実は一週間前から具合が宜しくなく;

今日、耳鼻咽喉科いってかなり良くなりました 

にしてもこの時期にアレルギーとは、、、何に反応したのか;;


最近、特に大きな動きも無くブログネタもあまり無いので

SPS記録帳として種別のメモをアップしていこうと思います

まったくの独断と偏見で書いていきますのであくまで一例とご理解下さい

記念すべき第一回目は!

ツツハナ系

系というのは、枝振り等が違うのもツツハナとして流通しているからです

専門的な種の選別なんて出来る訳も無いので流通名で行きます!

IMG_0113_convert_20101106194539.jpg

毎度ですが

イロガデナイorz

実際は紫がかったピンクをしてます

水質:いわゆる超低栄養塩の方が色上がり維持ともに成績が良い
   ZEOvitとの相性も良好
   亜硝酸や有機物の蓄積による水質悪化に弱い面が有り
   細菌感染を起こしやすい種なのでバクテリアバランスの維持や
   病気の珊瑚を入れない、発生させないよう注意が必要
   有機物の蓄積源としては過度な給餌が考えられる
   出来れば水槽が立ち上がって良好な水質が維持できるようになってから
   入れたい種である
   魚で言えばチョウチョウウオのようなイメージ

光 :私の水槽では照度30000LUX UVは
    LSSの計測機40mW設定で1.04の値で色上がりを見せている
   球はシエロコバルトブルー集光の直下より若干はずれた位置
   スーパークールディープブルー集光の直下とのカクテル光
   コバルトブルーは背面が鏡面加工されていて
   結構色々な波長が入ってる気がする
   偏りすぎてもいけないだろうが青球での成績が良好
   
   またシステムLEDのMAX-Sではより青紫がかった
   独特の色揚がりを見せていた
   この事からUVが強いとピンクが強くなり
   UVが少なく照度が高いと紫っぽくなるようである

総論:噂ではミネラルバランスが崩れたり
   個体密度が高すぎたりしても白化する事が多いそうだ
   対策としてはマメな添加剤の投入や
   バクテリオプランクトンシステム等により良好なバクテリア
   バランスを保つと良いかもしれない
   イメージ的には業務用の殺菌灯なども
   効果が有りそうだが使った事が無いので不明;
   B-balance Xtra あたりとの相性が良いような気がする
   照度はMT直下等の強すぎる照明には
   耐えられない事があるので注意が必要
   強すぎる照明は珊瑚の活性酸素を増やし
   抵抗力を弱くするそうで
   急にRTNや共肉の剥離を起こす事がある
   あと枝振りが細かいので枝の間に
   粒餌等が挟まって虫歯のように白化することも
   たまに瞬間的に強めの水流を当てて
   デトリタスを吹き飛ばすと良いだろう

IMG_0112_convert_20101106194756.jpg

枝振りの太いタイプ
こちらの方が全般的に丈夫な事が多い
ただあまり流通量が多く無い上、色の良い個体は人気があるので
入手に苦労するかも

こんな感じでボチボチアップしていきます

偉そうな書き方でスミマセン;




スポンサーサイト

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。