2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム的の考察と今後の抱負的な(笑)

22時30分帰宅 朝5時起き生活でブログが滞りましたorz
返コメ遅れてすみませんです;

私の拙いお話をCF誌さんが凄く良い記事にしてくれましたので
その辺について不確定な要素も混ぜつつ書いてみようかと

こういったのはブログやソーシャルネットワークでしか書けないですからね
まだこれからの進展で内容は変わっていくかもしれないので
あくまで現時点での個人的な見解として読んで頂けたら幸いです
時間軸で追えるブログの利点を活かして!(笑)

今日は明日も早いのでさわりから入ります

まず日本式ベルリンシステムと言われる飼育方法で
安定して長期間ミドリイシの色揚げに重きを置いて
飼育されてる方って挑戦している人数からすると意外と少ない
なぁと感じていました
実際私も、一年くらいで調子が落ち始め、上手く立ち上がらなかったり
原因不明でサンゴがポツポツ死んでいったり
変なコケが繁茂するようになってしまったり、、、、

そこで日本式ベルリンシステムって何?
と考えると結構人それぞれなんですよね
「こうやる物だ」というガイドラインが無いんです
底砂一つとっても何センチ敷くか、粒径は、ライブサンドか
ただ洗えばいいのか、、、etc
素晴らしい水槽を維持されてる方のデータを真似てみても
自分だと上手く行かなかったり、違う成功されてる方とは
真逆の事だったりとかなり難解で
私の腕の無さを差し引いても実験用語的に再現性に多少難の
ある総称だと思います

そこで出来るだけ再現性に富み、理屈的にも理解出来そうな
システムを物色していたところで出会ったのが
「エコシステム」と「ZEOvit」でした
ZEOvitはリンクさせて頂いてますTAKAさんの影響100%ですね(笑)
その他にもVSV BC Biopelette等色々なシステムが出てきています

これらのシステムはより簡単に、確実に、健やかにサンゴを育てたい
という意思から生まれてきているシステムであるはずですので
これからも説明書きを良く読み、自分の中で租借し積極的に試して
いきます
また
こういった商品の説明書きにはサンゴ飼育で役立つ情報がふんだんに
織り込まれていて、読んでいてとても勉強になります
個人で出来る範囲は限られてますのでこういったメーカーの実験結果も
参考にする事でより早く飼育技術を向上させて
再現性のあるデータとして蓄積していこうかと

最近はありがたい事にアクア仲間も増えてきて加速度的にデータが
集まるようになってきました
今後もこのネットワークを広げていきたいですね
皆様今後とも宜しくお願い致します

いまの状態から先にもっとやってみたい事が色々有りますので
まだまだこの趣味は楽しめそうです!

とりあえず今日はこんなとりとめも無い話に(汗)

次回からもっと具体的に書いていきますのでご容赦を
スポンサーサイト

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

コメント

私も7年くらいベルリンをやっててゼオはやらないと思ってました。
でも実際やってみるとベルリンのころはポツポツミドリイシが死んでいきゼオをやってみると全く死にません。

色揚げも超低栄養塩にすることにより褐虫藻が抜け簡単に色揚がりしますよね!
ベルリンだとメタハラ超多灯で褐虫藻を焼き殺さないといけないのでだいぶエコになりましたし。

最近ゼオ批判する人たちがいますがベルリンよりゼオの方が自然だと思います!
まああくまで趣味なんで好きなようにやればいいと思いますけどね(笑)

私も「日本式ベルリンシステム?」で行き詰まっています。
ただ ZEOもせいぜい3種ぐらいの添加液で収まってくれるといいんですが、、、
水槽と一緒に自らの経済状況も崩壊してしまいます。
そして私自身が白化してしまうかもしれません。
加速度的に経営状態が悪化しています。

はじめまして

はじめまして。CF誌で拝見致しました。その前が私です♪私も
ゼオラーです~。ZEOシステムは気に入っています。仕組みが
解ると扱いも楽なのですけどね。KHを調整出来ればとても便利
なシステムだと思います。深場のSPSだけはスプール2がシンドイ
ですけど。

日本式ベルリンシステム

ごぶさたしてます。(笑)
僕もゼオラーです。
じゃっかん話は本質とは、それますが、日本式ベルリンシステムって確かに不思議なカテゴリーですよねぇ(笑)
ガイドラインも確かにほとんど無いに等しいですし。サンゴの様子を見ながらとゆうとても、もっともらしい言葉に騙されます。(まっ!水の綺麗な日本だからってのもRO水使ってるので関係ないですしねぇ)
数年前は、ベルリン式も水質の値を重要視して結構みんな測ってた様な気がします。最近はみんな日本式ベルリンになりサンゴの調子を目視して水換えって感じですね。
問題はここ二ヶ月ほど僕自身も日本式ZEOvitシステムを開発してしまい・・・
サンゴの調子は死ぬほど毎日、凝視してるんですが・・・ついつい見た目は、全員元気なので横着して水質は測ってません。
見た目だけでは、大きな落とし穴に落ちそうで怖い今日この頃です。

皆様
返信遅れまして本当に申し訳ございません

>ナオッティーさん
おっしゃるとおり
手法は人それぞれですよね
ZEOはその中でもSPSを飼育する難易度を下げてくれる
システムなので上級者向け、薬漬けという今のイメージ
はかなり残念に感じています

>Damselさん
長く続ける趣味ですからコストパフォーマンスも重要
ですよね
私も正直結構圧迫されてます(笑)
より水槽内でSPSを飼育する技術が進歩すればどんどん
価格も下がり簡略化されていくはずです
でも需要がなければ進歩も鈍ってしまいますし
今の日本の需要よりアメリカ等の方がお金が集まるでしょうから
外国先行の今の状況を打破するには工夫が必要なんだろうなぁと
考えたりしています、あくまで考えているだけというのがポイントですorz

>ミニミニさん
何度かブログ拝見させていただいております
ヤフーID持ってないのでついROMになってしまい申し訳ありません
おっしゃる通り仕組みが分かれば簡単なシステムです
しかもその仕組みは他のシステムにも応用できるので一石二鳥な
良いシステムなんですけどね
KHはロースペックなCaリアクターの使用で6位を目指しプラスAMAのABCで
微調整するのが最も確実簡単でこの使用ならABCも少量使用なので
意外とコストもかからないのですが、できればもっと簡潔にしたいですよね;
スプールは全然使いこなせてませんorz非常に参考になる情報ありがとうございます
また色々ご教授頂ければと思います

>Guevaraさん
目視確認の方が上級者向けですよね
まず順調に飼育できる事で良い調子のサンゴを見ておかないと
判断材料が無いと思います
じゃあその飼い方は?
と言われるとZEOvitのような細かいマニュアルが活きてくるはずなんですが
なんで広まらないのかしらorz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sebae.blog46.fc2.com/tb.php/180-70fb973d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。