2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSB 実験編 

そろそろ夏本番で水換え時、作り置きの海水の温度調整がメンドイと感じる今日この頃
ですが

やっとPSB実験の材料が揃ったので実験をしてみました

annmo_convert_20090718223726.jpg

アンモニア水とバフィーです

海水2ℓに対してアンモニア水を5滴加えた試験水を二つ用意して

一方にはバフィーに浸したPSBを一方には何も入れません

Anmos_convert_20090718224051.jpg

開始直後の両方の試薬の色です

この状態でPSBの方は40wの蛍光灯を当て、もう一方には何もあてずに
24時間放置しました

結果は

まずPSB添加のほうは

PSBA_convert_20090718225803.jpg

色が若干薄くなりました

で何も添加しなかった方は

anmob_convert_20090718230519.jpg

開始時より薄くはなっていますが(揮発する為)、PSB添加の方より色は濃いです

上記の結果から憶測するに

PSBはやっぱりアンモニアを消費するっぽいですね

説明書どおりならこの消費されたアンモニアはアミノ酸になっているそうなので

アンモニアの除去とアミノ酸の強化という意味で添加する意義は有りそうです

ただこのPSB、嫌気性らしいので通常濾過ではあまり増えないそうで

それがこれまで不名誉な噂を抱えていた原因であるように思います

現在のリーフタンクは嫌気性バクテリアとも付き合っていけるシステムが多いので

特にエコシステムのような24時間光が当たる環境でのPSB添加は効果的かも

しれません。

テキトーにやった実験なので再現性とかは保障できませんのであしからず;

あと最近のエコミニですが

090718_convert_20090718225041.jpg

ミドリのコモンが貝に落とされカクオオトゲの上に落下し大白化したので別水槽で療養中
以外はいたって順調です。

スギノキミドリイシは徐々にですが色揚がりしてきてますので
LEDだけでも使い方によっては色揚げも可能なようです。

sekkaimo_convert_20090718232556.jpg
あとこのように
水質浄化セラミックにもこのように石灰藻が生えてきて
このままいけば水槽育ちのライブロックも夢じゃないな!なんて甘い事を考えています(笑)

水槽面や吐出口より早く、広い面積で石灰藻が確認されているので
石灰藻の生えやすい性質も持ち合わせているようです
スポンサーサイト

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

コメント

こん○○は。

これ良さそうですね。アミノ酸が出るとなると魚にも良さそう。。。

石灰層が着き始め良かったですね。
石灰層ですがアクリルの黒?って言うかナノウェーブBOXに
石灰層が多く着いているので色や成分で着き方が変わるのでしょうね。

こん○○は!

このバクテリア自体栄養豊富で水産では稚魚の初期飼料として使われる
こともあるそうで

水槽内の動物プランクトンのエサとなってくれることも期待してます

>石灰層ですがアクリルの黒?って言うかナノウェーブBOXに
 石灰層が多く着いているので色や成分で着き方が変わるのでしょうね

確かにうちのボーテックにも石灰藻が一杯、、、
色も関係ありそうですね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sebae.blog46.fc2.com/tb.php/43-9b267ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。