2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゅ~あいてむ

雪風さんのブログ「南国魚庵」
hanapapaさんのブログ「hanapapa aquarium」
マコさんのブログ「*~***~ Marine Aqua ~***~*」
をリンクに追加させて頂きます
私が紹介する前にもう皆様ご存知かと思います(汗)
もしまだ訪問された事が無い方は是非ご一読を!
ベテランの方々の面白い情報が豊富に詰め込まれている珠玉の
ブログです!

最近更新が滞っているsebaeです

時間がない
体力がない
金もない
の無い無い尽くしなんですがorz

なんとかネタは多少あるのでアップをば

IMG_0236_convert_20101219000441.jpg

LSS研究所さんから新発売のシースラッグ社PhosBalls と CocoCarboです

今までのネガを払拭した次世代バイオペレットと言われているPhosballsと

高性能活性炭のCocoCarboという商品なんですが

特にPhosballsを使って飼育されているだろうメーカーサイトのSPSの色がとんでもなく

美しいんです

当然個性にもよるんでしょうけど、今後の情報開示や使用方法のデータが集まってくると

面白くなりそうな商品ですね

中身はこんな感じ

IMG_0240_convert_20101219000725.jpg

つやつやしてて透明感がありますね 卵形なのも面白いです

今までの NPbiopelette とバーテックスのバイオペレットと並べると
IMG_0238_convert_20101219000530.jpg

左からバーテックス、NP、シースラッグとなります

こうやって見ると、色や形状にかなり差がありますね

香りも結構違っていて各社独自の配分でもあるんでしょうか

後は実際使ってみてなんですけど

ちょっと目処がたってません

シースラッグは海外でも話題の商品で、その色揚げ効果にも期待が

寄せられている逸品です

現状だと珊瑚堂さんに在庫があるので試してみたい方は要チェックですね!






テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

関東アクア忘年会

昨日、MA誌で執筆されてます大竹氏、Room210のだにさん、ヨッシーのアクアワールド2のヨッシーさん
コーラルフィッシュの青木顧問、どんちゃんさん、レオポンさんがスイハイに見えられました
そうそうたる方々、、、、

前日、超コケ掃除しましたよ!(笑)

いや、もう右手がシオマネキみたくなるんじゃないかってくらいに

ていうか私なんか水槽で良いのか?という疑問もわいてましたが(汗)

おみあげ頂いてしまったり、お褒めのお言葉を頂いたりして

ヴィンテージ武井よろしく涙が出そうでした!

皆様本当にありがとうございました!


そのあと忘年会でお世話になった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです

また来年も参加したいなぁ~


そんな中、話題の商品のサンプルを頂きました

IMG_0183_convert_20101205223248.jpg

メーカーの方と直接お話しましたが マリン(海水用)って名前にいれない方が良かったんじゃ?

と思う程多岐に使用できる商品です

発酵させて多種の菌を増殖させた商品で、その副産物として多種のアミノ酸も含みます

多分ビタミンなんかも合成されてるっぽいっすね

この商品の使用意義というのは

通常水槽内の細菌バランスというのは、飼育している生物の腸内細菌に偏ってくるそうで

その崩れがちなバランスを整えてやろうというのがこの商品です

内容物を水槽に直接撒いたり、魚に餌として与えたりして使用しますが

ミズガメの水槽に入れると悪臭の軽減

ヤドクガエル等のテラリウムの底材に撒くとカビの抑制や糞等の分解促進

多分リクガメの餌に振りかけたりすれば糞の臭いも違ってくるんじゃないかと思います


こんな色々使える商品ですが今回私が目をつけたのが

ガットローディング!

海水メインの方にはなじみの無い言葉かと思いますが

かいつまんで言うと

餌となる生き物に栄養たっぷりな餌を与えて間接的に飼育生物に与えるという手法です

栄養成分が餌生物によって消化されたりして生物に吸収されやすい形になったり

するので栄養の偏りを軽減する事ができます

今回はサンゴの餌として使用しているアルテミアと魚の餌であるイサザアミに

このビオアクアマリンを与えてみました
IMG_0185_convert_20101205223343.jpg

とりゃ~~

なんだか効きそうな臭いがしますね

IMG_0191_convert_20101205223531.jpg

イサザアミが次々と水面へ!

凄い嗜好性ですね

どんなに優れた栄養素を持つ餌でも食べなきゃ意味がないんです

そういった意味でこれはガットローディングに最適な餌だと思います

この栄養豊富な餌を食べたイサザアミを24時間後に魚に与えると

色々な栄養素が強化されたイサザを食べる事となり結果魚の健康維持に役立つでしょう

たぶんこのまま水槽へ放り込んでもSPS等の良い餌になるかもしれませんね

消灯後最初に少量入れたり、KZのアミノ酸を入れたりしてポリプを開かせてから与えると

効果的かも

ライブロックに挟まってもそんなに悪影響が無さそうな所も良い所です


こんな面白いビオアクアは文京区の

ナチュラルさんで絶賛販売中!

これでよろしいでしょうか、リンタロウさん!(笑)


あと忘年会でお世話になりました

じゅえるぼっくすあくありうむのカトキチさん

ヨッシーのアクアワールド2のヨッシーさん

をリンクに追加させて頂きます

カトキチさんは最近水槽を新調されて今サンゴがんがん導入中の

アツイアクアリストで

ヨッシーさんはエコシステムとZEOvitを運営されている

ベテランさんです

是非皆様ご一読を!





テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

やっべぇ~

珍しいLPSが入荷しました

IMG_0162_convert_20101127222446.jpg

このままでも十分ヤヴァイですけど

この色素、かなり蛍光色を発します

蛍光灯で飼うともっとすんごい事に


久しぶりに興奮した入荷でした~





テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

サンゴに餌やり

先日リンクさせて頂いてます「TAKA tech」さんを読んでいると

耳寄りな情報が、、、、

アルテミアがSPSの餌になる

アルテミア、、、、懐かしい響きです

熱帯魚をやってらっしゃる方ならご存知の

「シーモンキー」だとか「ブラインシュリンプ」とか言われている代物です

主に淡水魚の繁殖、稚魚の育成用飼料として使われる事が多く

栄養価も高い昔ながらのアイテムです

結構安価で容易に手に入る物にそんな使い道があったなんて

目から鱗とはこのことですね


という訳で
IMG_0140_convert_20101122220208.jpg

買ってきました! 卵と孵化器です

安心と信頼の日動製!

てかこれしかお店になかったという(笑)

アクア業界も不況のあおりか年々アイテム数が減ってきてるような;


中身はこんな感じです
IMG_0141_convert_20101122220339.jpg

500mlの水に付属の大さじ一杯の塩または人工海水を溶かし水温25~30度キープして

およそ24時間で休眠卵が孵化するというわけで

これが孵化器です

卵が程よく対流するよう卵形になっており

丈夫の卵の殻分離構造で殻も分離できるという優れもの


使い方も割と簡単でしたよ

で24時間たったら
IMG_0144_convert_20101122220522.jpg

下と上によってる茶色いのが殻や孵化しなかった卵で

水中に無数にあるオレンジっぽいのがアルテミア幼生です

涌き過ぎ(笑)

これをスポイトで吸って水槽へ注入します

実際やってみましたが、ポリプの割と大きめなSPSは補食している感じがしました

ハナヤサイ等コマイポリプのは不明orz

水ごと流し込んでる感じなんで

今後はプランクトンネット等でこしとって幼生のみを水槽へ投入できたら理想です


これでバイオペレット水槽のサンゴの餌は

スポンジパワー コーラルヴィタライザー アルテミアの三種類に


そういえば植物性プランクトンリアクターなんていう面白い機材も出たようです

常に植物性プランクトンを供給できるとなると生物層の底上げが期待できそうですよね

でも入れすぎると変なコケも出そうなんでバランスが重要そうです

機会があったら試してみたいな~


とりあえずアルテミアは週2くらいで添加していく予定

サンゴが茶色くなってきたらいったん休んで様子をみながらですね

テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

SPS記録帳2 ショウガサンゴ

最近空気が乾燥して手がカサカサになってきたsebaeです

ちょっと前まではそんな事なかったのに、、、、

歳か!?orz

カサカサといってもハンドクリームとか付けた手を水槽に入れると

サンゴにダメージが出る時があるので要注意ですね

アクア優先なアクアリストらしく私もひび割れようが放置で過ごしてます(汗


早速SPS記録帳の2回目 

今回はショウガサンゴについて記録していきたいと思います

IMG_0135_convert_20101120212310.jpg

一部禿げてる部分は接触によるものです;キニシナイデクダサイ

水質:SPSらしく超低栄養塩の方が維持、色揚げ共に容易
   ただ結構丈夫な面も有り多少栄養塩があっても耐えてくれる事も
   現時点で最もZEOvit向きだと思うサンゴの一つで
   けっこうくすんだショウガサンゴを買ってきても綺麗に
   なってくれる事が多い
   ZEOvitだけでなくバイオペレット、VSVでも良好な経過を見せている
   添加剤はB-blanceとの相性がすこぶる良い
   我が家では3本の水槽でショウガサンゴを飼育しているがいずれの水槽
   でも結果を出しているのでショウガサンゴを買うなら試してみる価値は
   あるだろう

光 :強光度が必要とされる代表的なサンゴ
   当てなくてもそこそこ生きているがポテンシャルを発揮してやるには
   当てた方が無難
   我が家では40000LUX~61000LUXのZEOvit VSV水槽で色上がりした
   UVはLSSのUVメータ40mw設定で0.50~1.43程
   MAX-Sでの色上がりも確認できている
   その時の照度は50000LUX
   この事からUVの必要性については微妙な所
   球色に関しては、250wのコーラルグロー、アストロビーム、アクアブルー
   にスーパークールのディープブルーを追加するとテキメンに効果が出る
   IMG_0138_convert_20101120212514.jpg
    
  ZEOvit水槽の紅ショウガ達 B-bbalance、ディープブルーの相乗効果が実感できた

   IMG_0136_convert_20101120212628.jpg

   涼しげな色合いのピンクショウガ アストロビームとコバルトブルー集光の直下
   +B-balance効果で色味が濃くなってきているようだ

総論:バクテリオプランクトンシステムだと容易に色揚げが可能
   ベルリン等でも強化照明で色揚げできる
   結構丈夫で死なない割に手をかけるとかけただけ美しくなってくれる
   キーパーのモチベーションを保つのにも最適?
   反面、照明が弱いとなかなか色上がりしないし、実は水槽のメタハラ直下は
   激戦区だったりするので後から導入するには照明を増設したり
   先住者をどけたりと罪な一面も

以上が第二回目でした~

実はこのシリーズ、リクエストがあったから書いてるんですが

読んで楽しんで頂けたら幸いです

家の記録だけじゃなくて皆さんの水槽のサンゴ達の記録も各々のブログで

アップされたりすれば飛躍的にサンゴの情報が集まりやすくなるかも!?

今度は何を記録しようかな~


テーマ:リーフタンク - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

sebae

Author:sebae
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
Ecomini (34)
サンゴ水槽 (26)
タンクデータ (2)
機材インプレ (12)
ZEOvit (38)
ネイチャーアクアリウム (2)
サンゴのあれこれ (3)
LEDでSPS (7)
深場ZEOvit (4)
バイオペレット (2)
SPS記録帳 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。